LEENの概観

LEEN-phases
 

LEENネットワークはどのように機能するか?

LEENマネージメントシステムは、10~15社からなる効率ネットワークの構築と継続的な作業を統括します。個々の企業については、ネットワークでの作業が採算性をもつよう、年間のエネルギーコストが最低20万ユーロであることを確認されなければなりません。

ネットワーク運営に必要なプレーヤーは、ホスト(運営)、モデレータ(定期会合の運営と司会)、省エネコンサルタント(初期省エネ診断、モニタリング)です。

 

第0フェーズ  |募集

将来のネットワークホスト(例えば商工会議所、地方自治体、電力会社)が、ネットワークのための企業を勧誘します。これはセミナーや個別ミーティングなどによって行われます。その際には、環境ワーキンググループなど、既に地域にあるネットワーク組織を利用することによってチャンスが広がります。

もっと見る…

 

第1フェーズ | 初期省エネ診断

企業に存在している省エネポテンシャルは、LEENの認証を受けたエネルギー技術コンサルタントによって確認されます。企業サイドがエネルギー使用状況を知るために必要なデータ(消費値、設備等)をチェックシートに記入した後、エネルギー技術コンサルタントはすべての参加企業の事業所を視察します。それをベースに初期省エネ診断報告書を作成します。最終的に、すべての参加企業でネットワーク共通のエネルギー効率改善目標とCO2削減目標を合意する。

もっと見る…

 

第2フェーズ | ネットワーク

参加企業間のコミュニケーションを構築していくために、ネットワーク・フェーズでは初期省エネ診断フェーズと同時進行しながらスタートします。定期会合の場所は参加企業の中から選定されます。LEENの認証を受けたモデレータが会合を運営します。現地見学会とエネルギー状況についての報告の後、専門家による講演や企業同士の情報交換を行います。例えば、ネットワーク参加企業が実施した省エネ対策について報告し、他の参加者はその経験を共有します。これが最も大きい成功要因です。

年に一度、モニタリングによって活動成果の総括を行います。その結果はエネルギー技術コンサルタントが報告にまとめます。この報告書は、ネットワークの目標達成に向けて進行状況を把握する上で役に立ちます。

ネットワークでの作業に並行して、ホストはLEENの活動による気候保護への貢献について広報活動を行います。全過程の終了時に、企業はネットワーク作業を継続して行うかどうかの決定をします。

もっと見る …

Compliance

Konformitätsbescheinigung 50001 16247 Konformitätsbescheinigung EEffG
(Deutsch) Kontakt

Anrede

FrauHerr