第2フェーズ | ネットワーク

LEEN GmbH

 

ネットワークミーティング

ネットワークミーティングは、-省エネコンサルティングに並んで-相互学習型エネルギー効率ネットワークの中心的な活動ブロックです。それらは定期的に参加企業のところで –平均で3ヶ月~4ヶ月に1度-開催されます。

参加企業が大きな期待を持ってのぞむ最初のミーティングは、キックオフミーティングとして位置づけられます。ネットワーク運営チームの課題は、最初からネットワーク作業の体系的なプロセスを分かりやすく紹介していくことです。

ネットワークミーティングは以下の用件を満たさなければなりません。

  • 参加企業の期待を把握する
  • ネットワーク内の活動ルールを確定する(時間厳守、他の邪魔をしないこと、信頼など)
  • 運営の基本的なフレームワークを作成する(今後12ヶ月の初期省エネ診断とネットワークミーティングのスケジュールを確定する)
  • 次のミーティングのテーマを参加企業と調整し、決定する。

 

次回以降のネットワークミーティングには以下の事柄を含む

  • ネットワーク参加者がエネルギー状況に関する状況を把握するための事業所見学
  • 専門家による講義
  • 実施された省エネルギー対策に関する情報交換
  • 1年に1度行われるモニタリング結果の紹介

 

パブリックリレーションの構築

LEENの活動結果について、どの程度外部に対してコミュニケーションするかどうかはネットワークの参加企業が決める。イメージに対してポジティブなシナジー効果を得ることができる記者会見や講演、あるいはインターネットを通じてネットワーク作業について報告することができます。

Compliance

Konformitätsbescheinigung 50001 16247 Konformitätsbescheinigung EEffG
(Deutsch) Kontakt