沿革

LEEN GmbH

 

LEENは2009年12月に設立されました。設立の目的は「30パイロットネットワークで開発されたネットワークコンセプトは訓練によって実践をサポートし、更なる発展を目指すことです。」

  • 2009年12月設立
  • 2010年と2011年モデレータとエネルギーコンサルタントのための訓練を「30パイロットプロジェクト」の枠組みで行う。
  • 投資計算ツールに関する継続教育の実施
  • 計算ツールに継続開発

 

LEENマネージメントシステムにおけるこれまでのプロジェクト

 

2009 – 2013

相互学習型エネルギー効率と気候保護ネットワーク
30パイロットネットワークと投資計算ツールの開発

助成: ドイツ連邦環境・自然保護・原子力安全省の助成

参加企業: フラウンホーファー研究所ISI, IREES社、資源効率とエネルギー戦略研究所, モデル・ホーエンローエ協会, Eproplan社, ÖKOTEC社、他

コンテンツ:エネルギー効率ネットワークの標準化した計算ツールを用いた一貫したネットワークマネージメントシステムとドイツ国内で主導している30のパイロット・ネットワーク

30パイロットネットワーク

 

2006 – 2009

ダイアログ型拡張プログラム
「相互学習型ネットワークのエネルギー効率の高い企業」 (エネルギー効率テーブル)

助成: ドイツ連邦環境財団, ヘッセン州環境・エネルギー・農業・消費者保護省, バーデン・ヴュルテンベルク州環境交通省

参加: モデル・ホ-エンローエ, BSRサスティナビリティー社(現: IREES社), フラウンホーファー研究所ISI, EnBW エナジー・バーデンヴュルテンベルク社, シーメンス社

コンテンツ:  エネルギー効率テーブル「ホーエンローエ」で品質管理・プロジェクトマネージメントシステムに対するフラグシップとして実践された方法の継続開発

中小企業の環境コミュニケーションとエネルギー効率

 

2002 – 2006

パイロット・プロジェクト CO2-削減のためのエネルギー効率イニシアティブ地域ホーエンローエ

助成: バーデン・ヴュルテンベルク環境交通省

参加: モデル・ホーエンローエ協会, フラウンホーファー研究所システム・イノベーション(ISI), イープロプラン社コンサルティング・エンジニア

内容: デモンストレーション・プロジェクト 「ホーエンローエ地域内におけるエネルギー効率テーブル」の創設

エネルギー効率テーブル「ホーエンローエ」

Compliance

Konformitätsbescheinigung 50001 16247 Konformitätsbescheinigung EEffG
(Deutsch) Kontakt

Anrede

FrauHerr